総合避難訓練

11月1日は消防士監修のもと、総合避難訓練を行いました。


出火場所は調理室を想定し、「火事だー!!」と声が聞こえたら、全員ですぐに避難開始。


職員は初期消火班と避難班、安全確保班と3つに分かれ素早く行動を開始します。

避難班が子ども達を集めて移動を開始する間に、安全確保班による避難経路の確保やお散歩バギーの用意、避難後には確認班が逃げ遅れの子の確認、119番通報(今回は訓練火災であることを事前に通知の上で実施に通報)などを行いました。


これらの行動を消防士に監修してもらいます。

結果は「問題なし、素晴らしいです」との回答をいただき、職員も一安心(^^)


避難訓練の後は、消火訓練となります。水消火器を使って実際に火に見立てた看板を倒すのですが、これがまた優秀で(笑)職員全員で実施したのですが、まだ出来ますとのこと。


せっかくだから子ども達にも消火活動を体験してもらいました(^^)/

そして無事に訓練を終えた後は、いよいよお待ちかねの触れ合いタイムとなります。

実際に現場で使っている道具の説明をしてもらったり、触らせてもらったり、乗せってもらったり、気になることは全部させてもらいました(^^)

他に、消防士さんに抱っこしてもらったりやタッチなども


本当にやさしい消防士のお兄ちゃんたちに感謝して、

これからも町の平和をお願いして、さようならをしました。

本当にありがとうございました。